mac miniのSSDへの換装 ひとまず失敗

2013.3.27

mac mini SSD

満を持してのmac miniのSSDへの換装作業、敗退しました。

物理的な換装自体は、こちらの「tool 4 hack」の記事を参考に実施しました。リンク先にも記載がありますが、使用するトルクスドライバーはT6とT8です。ガジェッターなら標準装備だと思いますが、よく使うT5をあたりを単品購入している人は別途用意が必要なので注意しましょう。ファン側の4つのネジがT6、HDD側の6個のネジがT8です。

mac mini SSD

で、SSDへの換装自体は問題なく完了(最後、SSDを本体に収めるのが最大の山場だと思います。位置決めがかなりシビアでイライラします)したのですが、その後のインターネット・リカバリーがうまくいきませんでした。

mac mini SSD

リカバリの画面には入るのですが、ネットワークの選択から先に進めません。Appleのサイトを見てみると、インターネット・リカバリーを実施するにはWPA/WPA2の無線LANが必要とのことですが、うちの無線はWPA2なのでOKなはず(そもそもWEPのAPは選択できませんでした)。

SSIDを直接入力したりしてもここから先へ進まず、何度か入力を繰り返すと「apple.com/support -1005F」というエラーメッセージが表示され止まってしまいます。

じゃぁ、ネットワークを選択した状態でしばらく待てばいいのかと一晩放っておいたら、今度は「apple.com/support -2005F」というエラーが出ていました。

こんな感じで埒が明かないので一旦もとのHDDに戻すことに。なお、物理的な換装作業自体は5分もかからないで終わります。

う~ん、なんか悔しい。なにがいけないんだろう。それでもSSDへの換装はやってみたいので、次回は復元ディスクを用意してからチャレンジしてみます。

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

MENU

back to top