ASUS、低価格7インチタブレット MeMo Pad ME172VをeBookJapnとのコラボで国内販売開始

2013.3.23

image01

ASUSが1月に発表した低価格7インチタブレット、「ASUS MeMo Pad ME172V」を国内で本日23日から発売すると発表しました。価格は17,800円

eBookJapanとコラボしており、MeMo Padを購入するとeBookJapanで使用出来る3150円分のクーポン(eBook図書券)と六田 登(ダッシュ勝平を描いた人)による描きおろし漫画「老人と海」(原作:ヘミングウェイ)が付いてきます。

MeMo PadのスペックをNexus 7と比較すると下記のような感じ。

仕様 Nexus 7 MeMO Pad
OS Android 4.2 Android 4.1
ディスプレイ 7インチ 7インチ
CPU NVIDIA Tegra 3
(Cortex-A9, 4コア 1.2GHz)
VIA WM8950
(ARM Cortex-A9, 1コア 1GHz)
RAM 1GB 1GB
ストレージ 16GB/32GB 8GB
背面カメラ なし なし
前面カメラ 1.2MP 1MP
ポート類 micro USB
3.5mmオーディオジャック
microSDスロット
micro USB
3.5mmオーディオジャック
GPS あり なし
サイズ 厚さ 10.45mm
幅  120mm
高さ 198.5mm
厚さ 11.2mm
幅  119.2mm
高さ 196.2mm
重さ 340g 370g
カラー Black Sugar White, Titanium Gray, Cherry Pink
価格 19,800円(16GB) 17,800円(8GB)

ストレージは国によっては16GBモデルが用意されているのですが、日本で発売されるものは8GBだけのようです。スペック的にNexus 7から見劣りしますが、その割に価格差が小さく正直微妙な感じです。「eBook図書券」と「老人と海」が付いてくることを考えると実質14,650円以下とも考えることが出来るのですが、海外での価格は$149(約14,000円)なので実はセットで割引ではなく、単に上乗せしただけな気も……。

eBook Japn

そんな微妙な価格設定のMeMo Padですが、eBookJapanのサイトでは期間限定でマンガとのセット販売を行なっており、こちらは物によってはかなりお得になっています。

例えば手塚治虫全集(全400巻)とのセットだと103,050円(40,255円OFF)。MeMo Padはいらないけど全集が欲しかったという人にもメリットがありますね。他にも孔雀王全42巻や修羅の門、修羅の刻とのセットなどちょっと気になるラインナップが揃っています。

(source eBookJapan, ASUS shop)

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

Google Play Awards 2017ノミネートアプリ公開、受賞アプリはGoogle I/Oで発表

Googleが昨年から始めた「Google Play Awards」のノミネートアプリを発表しました。 Google Play AwardsはGoogle Playで公開されているアプリから優れたものを表彰するというもの ...

News >モバイル

HTC サポーターズクラブ発足、5月16日に台湾で行われる新製品発表会への招待も!

HTCが「HTC サポーターズ クラブ」を発足し、メンバーを募集開始しました。その中で、5月16日に開催されるHTC Uの発表会に招待するという企画も行われています。 HTC サポーターズ クラブ 世界初のアンドロイドス ...

Twitterの投稿をMastodonに流す3つの方法

だいぶ盛り上がりも落ち着いてきた感じのMastodonですが、Twitterと両方使っているという人も多いはず。Twitterで投稿したものを手動でMastodonにも流しているという人もいると思いますが、面倒だしなによ ...

News >モバイル

Microsoft、組み込みWindows 10を搭載したウェラブルデバイスを発表

Microsoftがスマートウォッチによく似た外観のWindows 10デバイスを発表しました。実際にはMicrosoftが開発したわけではなく、製造は各種OEMを手掛けるTrekStor。 企業・産業の現場向けウェラブ ...

レビュー >その他

実写版「美女と野獣」、王子さまは野獣のほうがイケメンな気が・・・

4月21日から公開されているディズニー映画「美女と野獣」を観てきました。実は原作、アニメを含め、美女と野獣を観るのはこれが初めて。周りはカップルや女性ばかりだったので、実はおっさんが1人で見る映画ではないのかもしれません ...

MENU

back to top