考えていた以上にハードルが高かったDTI ServersMan SIMの解約作業

2013.3.20

DTI ServermansSIM

1月に契約したDTIのSMSオプション付き定額SIM、ServersMan SIM 3G 100を解約しました。通信速度は100kbpsながらSMSオプション付きで640円という低価格が魅力だったのですが、日中は20kbpsを超えないという残念な結果。このためSIMが届いた翌日にはIIJMioを契約していたりしたのですが、WEBからは解約できないため面倒なので放置していました。ただ使わないのに料金を払い続けても仕方がないので重い腰を上げて解約です。

しかし、この解約がとても大変。まず、先にも書きましたがWEB上からは解約が出来ません。DTIの他のサービスに入っており、追加契約としてServersMan SIM 3G 100を契約している場合にはWEBから解約が出来る(オプションの解除ができる)のですが、これだけしか使っていない場合、DTIからの退会という形になりカスタマーサービスに電話をする必要があります。

そのカスタマーサービスも電話の受付は平日の10:00〜17:00のみ。勤め人にはなかなか辛いです。当然昼休みなんか電話は繋がりません。それ以外の時間帯も大概繋がりにくいですけどね。こんな場合のためにコールバックの予約サービス(指定した時間に電話をかけてきてくれる)があるのですが、それも1週間先まで予約で埋まっているという状況です。

なんとかカスタマーサービスに繋がり、オペレーターに退会の旨を伝えたら「今日明日中に解約係から折り返す」とのこと。ちゃんと「退会のかたはこちら」という音声案内に従っていたのだけどなぁ……(人によってはここでゴネるとそのまま解約係に繋いで貰えたそうです)。

上記のやり取りが3月18日の15時ごろ。で、解約係から電話がかかって来たのは19日の18時過ぎでした。しかし、その内容は氏名の確認と解約は25日締めなので最短で今月末に解約になるという連絡、SIMは返送してくださいというものだけでした。時間にして1〜2分程度。これ、わざわざ折り返してかけてくる必要あるの?しかも電話のすぐ後に電話で聞いたのより詳しいことが書かれたメールが届いたし……。

そんな感じで思いほかハードルの高い解約でしたが、とりあえずは一件落着。せっかくなので浮いた費用でもう一度イオンSIMでも契約するかなぁ。

タグ: , , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

レビュー >その他

料理が苦手でも作れそう。少ない手順と材料で作れる副菜が100種類載った「ひとつの野菜で作りおき」

手順が少ないとそれだけでやる気が出ます。使う調味料が少ないのもポイント。

News >モバイル

LG G6もシースルーに。作業自体はGalaxy S8よりも簡単な様子

カラーバリエーションの1つとして出してほしい。

News >モバイル

HUAWEI P10ストレージ問題のその後。対応のためタスクフォースを設立、Mate 9はすべてUFS2.1を採用

必要以上にスペック自慢をしない、というのが自衛策の1つになりそうではあります。

News >モバイル

AppleファンはSheepleなのか? 老舗辞書が登録した例文が話題に

Android使いの人はApple製品持っている人も多そう。その逆は少なそうだけど。

MENU

back to top