iFixitがPebbleを分解 基本的に修理は不可能

2013.3.14

pebble-bluetooth-smartwatch-teardown

先日入手したばかりのPebbleですが、タイミングよくiFixitがその分解方法を掲載していました。ただし、基本的に修理不可能な構造で破壊せずに分解することはできないようです。

Pebbleは防水対応のためディスプレイ部に大量の接着剤を使用しており、ケースを開ける際にもれなくディスプレイが破壊されてしまいます。このため、iFixitがいつも提示している「修理しやすさ」の指標はPebbleでは非掲載。開けると壊れてしまうので修理もなにもないということですね。

fIhbnhAFIdO6XAsY

こうしてみると少ないスペースにフレキシブル基板を立体的に配置しているのがよくわかります。でもスペースの大部分はバッテリ(3.7V 130mAh)が占めているんですね。

なんかディスプレイ部分の部品さえ入手できれば、時計以外の場所にも組み込めそうな小ささです。DIYセットとかで、パーツだけ売ったりはしてくれないかなぁ。

(source iFixit)

タグ: , , , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

Android O Preview 4リリース、イースターエッグは「タコ」

ちょっぴりエンダーマンっぽい。

News >モバイル

インターネットの利用環境はスマートフォンが約半数、LINEが調査結果を発表

PCのほうが楽だと思うけどなぁという感想はおっさんだからか・・・

News >モバイル

Lenovo、折りたためるタブレットLenovo Folioのコンセプトモデルを披露

昨年に続き2回目の披露。だいぶ完成に近づいた?

雑記

乾燥材の代わりに、珪藻土でできた湿気を吸い取るスプーンを購入

乾燥剤を入れるよりも邪魔にならなくて良さそう

back to top