E-Ink採用のスマートウォッチ Pebbleの表示と機能について

2013.3.13 (更新日:2013.05.26)

pebble

前回に続いて、今回はPebbleの表示・機能についてです。

Pebbleはスマートウォッチというだけあって、当然メインの機能は時計表示になります。デフォルトの時計表示は3種類。

pebble

それぞれメニューから切り替えることができます。

pebble

まずは「Text Watch」。「時」が太字、「分」が細字で表示されます。

pebble

次が「Classic Analog」。秒針もリアルタイムで表示されます。E-Inkディスプレイですが書き換えの遅延などはありません。

pebble

最後が「Fuzzy Time」。この表示は「nine o’clock」ですが、実際の時間は9時4分でした。9時7分頃には「five after nine」、9時35分には「twenty five to ten」というように、ざっくりと時間を教えてくれる誰得な時計です。

pebble

これ以外の時計表示はスマートフォン側のアプリからインストール可能です。今のところ、8種類程追加の時計表示が登録されていました。

pebble

時計以外の機能としては、スマートウォッチらしく電話の着信(相手の電話番号と電話帳の氏名表示可能)、SMS・メールの表示(送信者と内容表示可能)、アラームのセット、Musicコントローラがあります。電話、メール、SMSの着信時には表示だけでなく本体が振動して教えてくれるのはスマートウォッチとしての基本機能ですね。

pebble

Musicコントローラでは、Play Musicに登録されている音楽リストがPebbleに表示され再生や停止などが可能です。Pebbleで操作するとスマートフォン側で自動的にアプリが立ち上がって再生が始まります(デフォルトではPlay Musicですが変更も可能です)。

pebble

ただし、MusicだけでなくSMSやメール、電話の着信表示も含めてですが日本語は豆腐になります。現状ではASCII以外は非対応。日本語を含むマルチバイト文字は将来対応となっています。

Musicは音楽を英語で登録しておけばいいのでしょうけど(邦楽は困るけど)、メールなどは日本では使い物になりませんね。まぁ、着信・SMSは電話番号は表示されるので誰からなのかはわかるけど……。

そんなわけで、いまのところはE-INKを使った変わった時計+α程度にしか使うことができませんが、今後対応アプリが増えてくると面白い使い方が出来るかもしれません。有機ELを使った同じようなスマートウォッチがバッテリが1日持つかもたないかという感じなのに対して、Pebbleでは7日程度持つというのがメリットです。ただ、現状でお勧めするかというと新しいもの好き以外には薦められないですね。スマートウォッチを便利に使いたいということであれば、Sony MN2を買ったほうがずっと幸せになれると思います。

とりあえず、公式サイトのフォーラムでも覗いてどんな使い方ができるか考えてみたいと思ってます。

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイント

Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒を購入 三脚としてもそれなりに使えそう

以前に紹介したXiaomiの自撮り棒をGearBestで購入してみました。 関連:Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒がGearBestで販売中 – Dream Seed 自撮り棒自体は割と普通。プラス

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作りガジ

楽天モバイル、ハイレゾスマホGRANBEATと同時契約で月額基本料3か月無料キャンペーン

楽天モバイルがオンキヨーのハイレゾスマホGRANBEATをSIM契約と同時に購入すると、月額基本料が3か月無料になるというキャンペーンを実施しています。 GRANBEAT同時購入で事務手数料+月額基本

BenQ、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売、明るさ300lm コントラスト比は100,000:1

BenQが、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売します。価格は50,000円前後になるようです。 最近、各社からリリースが相次いでいるモバイルプロジェクタですが、BenQのGS1はコスト

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作...

MENU

back to top