MakerBotが自社の3Dプリンタと連携する3Dスキャナ MakerBot Digitizerを発表 発売は今秋予定

2013.3.9

スクリーンショット_2013_03_09_8_13

広告

低価格3Dプリンタの草分け的存在なMarkerBotが、こんどは3Dスキャナ、MakerBot Digitizerを発表しました。

この3Dスキャナ、カメラとレーザーの組み合わせで8 x 8インチ(約20 x 20cm)のオブジェクトを3分以内にスキャンし、同社の3DプリンタReplicatorでそのまま印刷可能な形式のデータを生成することができるとのことです。つまりReplicatorとDigitizerの組み合わせると3Dモデリングの知識が不要で3Dプリンタを使用することができるようになります。

MakerBot Digitizerは今秋発売予定。詳細情報は公式サイトで公開されていくとのことですが、いまのところメールの登録フォームがあるだけです。

3Dプリンタ、そろそろ欲しいと思っているのですがフィラメントが高くてランニングコストが高くなりそうなのが難点。も少し安くはならないかなぁ?

(via the Verge)
(source MakerBot)

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

Meizu、背面にセカンドディスプレイを搭載したMeizu PRO 7 / PRO 7 Plusを発表

背面のセカンドディスプレイは意外と実用的かもしれないですね。

back to top