日本での発売が近そうなNexus 4、docomoのSIMを挿して出来ること、出来ないことをまとめてみた

2013.3.9

nexus 4

日本での発売がほぼ確定っぽいNexus 4ですが、初めてのSIMフリー機として買ってみようかという人もいるんじゃないかと思います。

そんなNexus 4にdocomoのSIMを挿して使う場合の注意点というか、できること、出来ないことをまとめてみました。なお、Nexus 4はmicroSIMです。

広告

データ通信

SPモードは使えませんが、別途moperaなどのプロバイダ契約すれば使えます。docomoのSIMを挿すとmopera UとSPモードのアクセスポイント(AP)が自動で登録されます(SPモードは使えませんけど)。

通信速度は、仕様的にはHSPA+ 42Mbpsに対応していますが、docomoではHSPA+を提供していないので最大受信速度は14Mbpsとなります。softbankの場合には、Ultra Speedで42Mbpsのサービスを提供していますが、周波数帯が1.5GHzなのでNexus 4は非対応です。

FOMAプラスエリア

非対応です。Nexus 4が対応してる周波数は850、900、1700(AWS)、1900、2100MHzなので、docomoでは2100MHz、softbankでは2100MHzと900MHzのプラチナバンドで使用可能。1700MHz(band 4)はイー・モバイルの1700MHz(band 9)とは別物です。

SPモードメール

SPモード自体が使えません。代わりにiモード.netを契約すればiモードメールとして@docomo.ne.jpのアドレスは使用出来ます。iモードメールはネット上にあるメールを読みに行く方式ですが、別途IMoNiなどのアプリを使えば端末側にダウンロード(配信)したり端末上からメールを送信したりすることができます。

Xi(LTE)

使えません。Nexus 4はLTEに非対応です。

SMS

使えます。

おサイフケータイ

使えません。Nexus 4はNFCをサポートしていますが日本で普及しているFelicaには非対応です。っていうかFelicaに対応してるグローバル端末ってないよね。

赤外線通信

使えません。

ワンセグ

ありません。

防水

ないです。

エリアメール(緊急地震速報)

非対応です。

ワイヤレス充電(置くだけ充電)

使えます。専用の充電台が出ていますが、qi規格のものならPanasonicの無接点電源パッドなどでも充電可能です。

ざっとこんな感じでしょうか。@docomo.ne.jpを利用可能にするIMoNiはPushではなくPullなのでメール配信はリアルタイムというわけではありません。この辺り、普段から海外端末をメインで使っている人には問題にならないのでしょうけど、Nexus 4が初SIMフリー機という人には戸惑うかもしれませんね。っていうか、そろそろキャリアメールは捨ててSMSとgmailでいいんじゃないかと思うのだけどどうだろう?

タグ: , ,

back to top