Xperia ZにHTC OneにNexus 4 各社フラッグシップ、どれを買う?

2013.3.7 (更新日:2013.03.09)

xperia_htcone_nexus4

各社フラッグシップがぼちぼちと出そろってきましたが、どれを買っていいのか目移りしてしまいますね。そんなわけで、気になる端末Xperia Z、HTC OneをNexus 4と比較してみました。これ以外にもOPPO Find 5やZTE Grand Memoなど気になる端末は多いのですが、挙げるとキリがないのでメジャーなところだけで比較です。

とりあえずはスペックの比較。

仕様 Xperia Z HTC One Nexus 4
OS Android 4.1.2 Android 4.1.2 Android 4.2.2
Display 5インチ TFT
AGC Draagontrail
4.7インチ SLCD3
Corning Gorilla Glass 2
4.7インチ IPS Plus
Corning Gorilla Glass 2
解像度 1,920 x 1,080 1,920 x 1,080 1,280 x 768
画素密度 443ppi 469ppi 318ppi
Chipset Snapdragon S4 Pro Snapdragon 600 Snapdragon S4 Pro
CPU Quad Core 1.5GHz Quad-core 1.7 GHz Quad-core 1.5 GHz
GPU Adreno 320 Adreno 320 Adreno 320
RAM 2GB 2GB 2GB
Storage 16GB 32GB/64GB 8GB/16GB
microSD ~32GB × ×
Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n IEEE802.11a/ac/b/g/n IEEE802.11a/b/g/n
カメラ 13.1MP/2.2MP 4MP/2.1MP 8MP/1.3MP
バッテリ 2330mAh 2300mAh 2100mAh
高さ 139mm 137.4mm 133.9mm
71mm 68.2mm 68.7mm
厚み 7.9mm 9.3mm 9.1mm
重さ 146g 143g 139g
NFC
ワイヤレス充電 × ×
防水・防塵 IP57 × ×
その他 Mobile BRAVIA Engine 2 Beats Audio
UltraPixel Camera

Xperia Z

まずXperia Zですが、5インチというのはさすがに大きいです。全体に四角いデザインのため手に持った時も持って余します。それ以外は特に不満点が見当たらないですね。あえて言うならワイヤレス充電が欲しかったというところでしょうか。クレードルもあるけど、位置合わせを気にせずポンと置けるワイヤレス充電は便利です。

気になる点としては、チップセットをSnapdragon 600に変更したマイナーチェンジ版の噂や、はやくも後継機種の噂が出ている点。Xperiaシリーズは新機種が出てくるサイクルが早いので、うっかりすると買った直後に新機種が……ということになりかねないのが心配です。まぁ、大きくスペックが向上することは無さそうですけどね。

HTC One

HTC OneはHTCが「今年のフラッグシップ」と言うだけあって気合の入った仕様です。4.7インチながら解像度はフルHD。それでいて横幅は3機種中でもっとも狭くなっています。またWiFiの新しい規格である11acに対応しているのもHTC Oneだけです。

反面、防水やワイヤレス充電などの付加価値がないのもHTC Oneだけ。カメラについては高画素なほど綺麗な写真が撮れるというわけではないですが、4MPしかないというのは気になる人には気になる点だと思います。HTC Oneでは低照度での撮影でも綺麗に撮れるようにチューニングを行っているようですが、それでもLumia 920には遠く及ばない印象です。

Nexus 4

日本での発売が秒読み状態っぽいNexus 4ですが、並べてみると特に目立った特徴はないですね。CPUはともかくとして解像度で見劣りします。それを補って余りあるのが「Nexus」ブランドだというところですね。Nexusであるということが最大の特徴でありウリかもしれません。最新のAndroidをいち早く体験したい人はNexus一択でしょう。ワイヤレス充電も非常に便利です。

ところでGalaxy S IVは……?

上記には列記しませんでしたが、3月14日には世界中から注目されているGalaxy S IVの発表があります。チップセットは8コアのExynos 5 octaともSnapdragon 600とも言われていますが、いずれにしろ最強スペックの端末であることは変わりなさそうです。

ただ、過去のGalaxy Sシリーズすべてについて言えることですが、デザインがイマイチなんですよね。もちろん好き嫌いはあると思うので一概に良い悪いとは言えませんが、私はダメです。Galaxy S IVのデザインがどうなるか次第ですが、IIIから大きくは変わらないんじゃないかと思っています。

結論

いま買うならHTC Oneですかね。Xperia Zも捨てがたいですが、いま買うとGW明けぐらいに悔しい思いをしそうな気がしなくもないです。

お金に余裕があるなら全部買いたいところですが、困った……。

タグ:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作りガジ

楽天モバイル、ハイレゾスマホGRANBEATと同時契約で月額基本料3か月無料キャンペーン

楽天モバイルがオンキヨーのハイレゾスマホGRANBEATをSIM契約と同時に購入すると、月額基本料が3か月無料になるというキャンペーンを実施しています。 GRANBEAT同時購入で事務手数料+月額基本

BenQ、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売、明るさ300lm コントラスト比は100,000:1

BenQが、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売します。価格は50,000円前後になるようです。 最近、各社からリリースが相次いでいるモバイルプロジェクタですが、BenQのGS1はコスト

Amazon、プライムビデオの視聴でビデオレンタルや購入で使える200円クーポンをプレゼントするキャンペーンを実施中

Amazonでプライムビデオを観るとビデオレンタルや購入で使える200円のクーポンがもらえるというキャンペーンを実施しています。 プライム・ビデオ視聴でAmazonビデオで使える200円クーポンプレゼ

AmazonがHTC VIVEの取り扱いを開始 先着で「乖離性ミリオンアーサー」「エニグマスフィア」のプロモーションコードも同梱

AmazonでHTC VIVEの取り扱いが開始されました。 HTC VIVEはOculus Riftと並ぶハイエンドVRゴーグル。利用するためにはそれなりなスペックのPCが必要になりますが、Proje

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器...

MENU

back to top