Googleが浪江町のストリートビューを撮影開始

2013.3.5 (更新日:2013.03.08)

★IMG_2955_small

Googleが福島第1原発から20Km圏内で「警戒区域」「計画的避難区域」にある福島県双葉郡浪江町内のストリートビュー撮影を開始したそうです。Googleが勝手に行なっているわけではなく浪江町からの依頼。撮影は数週間行われ、数カ月後に公開されるとのことです。

既に震災から2年近く経過していますが、被災地ではいまなお継続している災害です。浪江町でも2万人以上の方が故郷を離れ、避難生活を余儀なくされており、そうした方々の「故郷の姿を見たい」という要望に答える形でストリートビュー撮影が決まったようです。

これまで、災害のあった街の様子というのは写真や動画で残すしかありませんでしたが、ストリートビューのように全方位からの記録というのはこれまでになかった記録の形として今後有用になってくるかもしれませんね。

(via Google Blog)

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

Lenovo、折りたためるタブレットLenovo Folioのコンセプトモデルを披露

昨年に続き2回目の披露。だいぶ完成に近づいた?

雑記

乾燥材の代わりに、珪藻土でできた湿気を吸い取るスプーンを購入

乾燥剤を入れるよりも邪魔にならなくて良さそう

News >モバイル

AUKEY、USB-PDに対応したUSB Type-Cハブ 2機種を発売

GPD Pocketで使うならSD有りのCB-C59かなぁ。

News >モバイル

Porsche DesignのHUAWEI Smartwatchが欧州で販売開始、価格は約10万円

ファンなら高くても欲しいのでしょうかね。

back to top