気になるAndroidタブレット Xperia Tablet Z、Nexus 10、Kindle Fire HD 8.9を比較してみた

2013.3.3

tablet

発売直後から長らく在庫切れだったNexus 10の在庫が復活し、Google Playでは1〜2週間で発送となっています。日本での発売が決まったKindle Fire GD 8.9や3月10日あたりに発売されるのではと噂されているXperia Tablet Zなど7インチオーバのAndroidタブレットが賑やかになってきました。

そこで、個人的に気になるこの3台のスペックを簡単に比較してみました。10インチクラスのタブレットはここに上げた以外にもASUSのMeMo Padなど色々とあるのですが、値段の割にスペックが微妙だったりするのでざっくりと割愛しています。

仕様 Xperia Tablet Z Nexus 10 Kindle Fire HD 8.9
Android 4.1 4.2 4.0
Chipset Qualcomm Snapdragon S4 Pro Exynos 5 Dual TI OMAP 4470
CPU APQ8064 Quad-core 1.5GHz Cortex-A15 Dual-Core 1.7GHz Cortex-A9 Dual-core 1.5 GHz
GPU Adreno 320 Mali-T604 PowerVR SGX544
RAM 2GB 2GB 1GB
ストレージ 16/32GB 16/32GB 16/32GB
カードスロット microSDXCカード(SDXC対応)
ディスプレイ 10.1インチ SLCD(?) 10.1インチ IPS(Super PLS) 8.9インチ IPS
解像度 1920 x 1200 (224ppi) 2560 x 1600 (299ppi) 1920 x 1200 (254ppi)
266 mm 263.9 mm 240 mm
高さ 172 mm 177.6 mm 164 mm
厚み 6.9 mm 8.9 mm 8.8 mm
重さ 495g 603g 567g
バッテリ 6,000mAh 9,000mAh 6,000mAh
通信 IEEE 802.11 a/b/g/n, Bluetooth 4.0 IEEE 802.11 b/g/n, Bluetooth 3.0 IEEE 802.11 a/b/g/n, Bluetooth 3.0
NFC
GPS
デジタルコンパス
照度
加速度
ジャイロ
防水 IPX5/7
3G/LTE ○(海外版のみ)
価格 WiFi版:60,000円前後 16GB:36,800円
32GB:44,800円
16GB:24,800円
32GB:29,800円

単純にスペックだけを比較すると、やっぱり最新機種となるXperia Tablet Zが群を抜いています。ただし、その分値段も高めです(4月13日発売のWiFi版は6万円前後ですが、docomo版は月々サポートなどで実質2万円程度になるようです)。

価格が問題にならないならXperia Tablet Zを選んでおけば間違いない気がしますが、Nexus 10も気になります。なんといってもNexusだという点が大きい。5月にもAndroidの次期バージョン Key Lime Pieが出ると予想されていますが、NexusシリーズであるNexus 10には早々にアップデートが来るはずです。他の端末が半年〜1年遅れで採用する最新OSをいち早く使えるというのは新しいもの好きにはたまりません。

電子書籍をメインで利用するとか、価格は安いほどいいという場合にはKindle Fire HD 8.9も良い選択肢となります。一手間かかりますがAndroidタブレットとしても利用可能。ただ、これまでAndroidに馴染みがないのであればAndroidタブレット化はハードルが高いと思うので+1万円してNexus 10を購入することをお勧めします。GPSなどもついてるので外に持ちだしても遊べるしね。

う〜ん、使ってみたいのはXperia Tablet Zだけど、自分で買うならNexus 10かなぁ。

タグ: , , , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作りガジ

楽天モバイル、ハイレゾスマホGRANBEATと同時契約で月額基本料3か月無料キャンペーン

楽天モバイルがオンキヨーのハイレゾスマホGRANBEATをSIM契約と同時に購入すると、月額基本料が3か月無料になるというキャンペーンを実施しています。 GRANBEAT同時購入で事務手数料+月額基本

BenQ、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売、明るさ300lm コントラスト比は100,000:1

BenQが、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売します。価格は50,000円前後になるようです。 最近、各社からリリースが相次いでいるモバイルプロジェクタですが、BenQのGS1はコスト

Amazon、プライムビデオの視聴でビデオレンタルや購入で使える200円クーポンをプレゼントするキャンペーンを実施中

Amazonでプライムビデオを観るとビデオレンタルや購入で使える200円のクーポンがもらえるというキャンペーンを実施しています。 プライム・ビデオ視聴でAmazonビデオで使える200円クーポンプレゼ

AmazonがHTC VIVEの取り扱いを開始 先着で「乖離性ミリオンアーサー」「エニグマスフィア」のプロモーションコードも同梱

AmazonでHTC VIVEの取り扱いが開始されました。 HTC VIVEはOculus Riftと並ぶハイエンドVRゴーグル。利用するためにはそれなりなスペックのPCが必要になりますが、Proje

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器...

MENU

back to top