Nokia、Lumia 720と520を発表 どちらも3月に発売

2013.2.25

Nokia-Lumia-720

バルセロナで開催されているMWC 2013のプレスカンファレンスで、Nokiaが新しいLumiaシリーズ端末、Lumia 720とLumia 520を発表しました。

まずLumia 720ですが、名称どおりハイエンド寄りのLumia 820とローエンド寄りのLumia 620の間にくる端末です。

Lumiaらしいスタイリッシュなデザインでディスプレイ部はゴリラガラス、本体はポリカーボネイト製。オプションのカバーを装着すると、Qi規格のワイヤレス充電が可能となります。よくみると、背面に端子が見えますね。

720はカメラに力を入れており、ハイエンド機に採用されるようなカールツァイスレンズを搭載。f/1.9という非常に明るいレンズです。フロント側もf/2.4の広角レンズを採用。また、上位機種となるLumia 820,Lumia 920と同じくQi規格のワイヤレス充電にも対応しています。

Nokia-Lumia-520

Lumia 520はエントリークラスの端末ですが、デザインはLumia 620よりも820に近いですね。これといった特徴のない機種ではありますが、Lumia 820、920と同じ”super sensitive touch”を採用しており、手袋をしていてもタッチ操作が可能になっています。

シェルは取り外し式でバッテリ交換も可能。バッテリはN900などと同じBL-5Jです。

2機種の主だったスペックを比較してみました。

仕様 Lumia 720 Lumia 520
ディスプレイ 4.3インチ IPS液晶 4インチ IPS液晶
解像度 WVGA (800 x 480) 217ppi WVGA (800 x 480) 235ppi
プロセッサ Snapdragon S4 Dual-Core 1GHz Snapdragon S4 Dual-Core 1GHz
RAM 512MB 512MB
ストレージ 8GB + microSD 8GB + microSD
サイズ 127.9 X 67.5 x 9mm 119.9 x 64 x 9.9 mm
重さ 128g 124G
バッテリ BP-4GW 2000 mAh BL-5J 1430mAh
メインカメラ カールツァイス 6.7MP f/1.9 26mm 5MP f/2.4 28mm
フロントカメラ 1.3MP f/2.4 広角レンズ
その他 NFC, ワイヤレス充電 super sensitive touch
価格 €249(約31,000円) €139(約17,000円)

どちらも3月に出荷開始。まず香港、ベトナムで発売されたあとに他の市場に展開するようです。そしてどちらも中国で発売されるとのこと。やっぱり世界最大の携帯市場は外せないということでしょうか。おこぼれでもいいので日本でも出して欲しいです……。

(source Nokia, Lumia 520, Lumia 720)

タグ: , , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

米Amazon、Prime Exclusive Phonesにmoto G5 PlusとAlcatel A30を追加、広告表示の代わりに価格を割引

米Amazonがプライム会員向けにSIMフリー端末を販売するPrime Exclusive PhonesにMoto G5 PlusとAclatel A30を追加しました。現在Prime Exclusi

BIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションに音楽ストリーミングサービスAWAが追加

MVNO(格安SIM)のBIGLOBEが提供するエンタメフリーオプションに、音楽ストリーミングサービスAWAが追加されました。 AWA – 音楽ストリーミングサービス BIGLOBEが提供

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイント

Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒を購入 三脚としてもそれなりに使えそう

以前に紹介したXiaomiの自撮り棒をGearBestで購入してみました。 関連:Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒がGearBestで販売中 – Dream Seed 自撮り棒自体は割と普通。プラス

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと20...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

MENU

back to top