Taskerを使ってAndroidのスライドロックで遅延ロックを設定してみた

2013.2.22 (更新日:2016.03.02)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

広告

Androidのロック画面、これまでずっと遅延ロック(スクリーンをオフにしてから一定時間はロックをかけず、すぐに復帰できるようにする)は出来ないものと思っていたのですが、標準で出来るのですね。Android歴はそこそこ長いつもりなのですが、今日になって初めて知りました。

Screenshot_2013-02-22-20-01-58

ずっとスライドロックを使っていたので知らなかったのですが、PINロックやパスワードロックでは何事も無く設定可能でした。ほんとに知らなかった……。

ここで素直にPINロックなどに乗り換えればいいのでしょうが、それでもスライドロックを愛して止まない私としては、スライドロックでぜひとも遅延ロックを実現したい。というわけで、Taskerを使って設定してみました。順序的にはTaskerで遅延ロックの設定を試して、PINロック・パスワードロックでは遅延ロックが設定可能だったということに気づいたのですけどね。

遅延ロックの設定自体は簡単で、基本的には下記のような感じです。

Screenshot_2013-02-22-20-52-12

[Display Offの時の動作]
Context 
 Event>Display>Off 
Task 
 Task>Wait 5秒
 Display>Keyguard >On if %SCREEN ~ off
 Display>System Lock if %SCREEN ~ off

[Dispplay Unlockedの時の動作]
Context 
 Event>Display>Unlocked 
Task 
 Display>Keyguard >Off

一見、これだけでうまくいきそうなのですが、何かのタイミングでロックが掛かったり掛からなかったりと動作が不安定です。「Tasker 遅延ロック」などで検索するとみなさんいろいろと苦労されているのがわかります。

最終的には2chでの情報から、Display Unlocked時の設定を下記のようにすると上手く動くようになりました。

Screenshot_2013-02-22-20-52-05

[Dispplay Unlockedの時の動作]
Context 
 Event>Display>Unlocked 
Task 
  Plugin>Secure Settings>Keyguard On
 Display>Keyguard >On
 Display>Keyguard >Off

わざわざKeyguardをOnにした後にOffにする根拠が不明ですが、これだと確かに上手く動きます。不思議。なおSecure Settingsは別途インストールしておく必要があります。

これでスライドロックでも遅延ロックを設定することが可能になりました。私は5秒の遅延を設定しています。

この遅延ロックを設定するためにTaskerを使い始めたのですが、便利ですね、これ。他に設定しているのは、自宅ではWiFiをOn、自宅を離れたWiFiをOffにする、という程度ですが、家にいる間は画面ロックを無効にしたり、DisPlayがOffの間は3G通信をOffにして電池を節約したりといったことも可能なようなので、ボチボチと弄ってみようと思っています。

タグ:
News >その他

スマートロックがアップデートミスで開錠不能に。すべのIoT機器が抱える問題かも?

これ、いきなりなったら怖いなぁ。一応物理鍵は持ち歩いているけど・・・

News >モバイル

米国でGalaxy Note 4のバッテリーがリコール。ただしSamsungは無関係。対象は再整備品の非正規バッテリー

再整備品って必ずしもメーカーが整備してるわけじゃないのですね・・・

News >モバイル

HUAWEI MATE 10は10月16日ドイツで発表、招待状の送付を開始

なんでドイツなんだろう?ライカのお膝元だから?

News >モバイル

Zeissレンズを搭載したハイエンドモデルNokia 8発表。Snpadragon 835にデュアルカメラ搭載

相変わらずNokiaっぽくないデザインだけど、ちょっと気になる。

back to top