エリアに入ったら0.01秒で接続完了!を目指して無線LAN高速認証の実証実験を総務省が実施

2013.2.16

スクリーンショット_2013_02_16_6_34

広告

総務省が無線LAN高速認証技術についての実証実験を2月21日に京大で実施するそうです。

既存の無線LAN認証(WPA2方式)では無線LANのエリアに入ってから認証完了しネットが利用できるようになるまでおよそ3秒かかるそうですが、これを100分の1の0.01秒に短縮することを目指しているそうです。

狭い無線エリアを歩いたり、車で通過する場合、従来の方式では接続完了する前に通りすぎてしまったり、その場で立ち止まったりする必要があります。0.01秒の高速認証が実現出来れば、その場で立ち止まる必要もなく、通り過ぎる前にネットに繋げることが可能です。

ただこの例だとネットに繋がったとしてもすぐにエリア外に出てしまうので、そんなに利便性はあがるのか?という気がしなくもないです。それでも接続時のイライラが解消されるなら歓迎ですね。

高速認証の技術自体は新規に開発を始めるわけではなく、IEEE 802.11aiにて標準化検討が進められているFILS(First Initial Link Setup)方式を利用し、Wi-FILS推進協議会と連携して日本からIEEEに標準化提案をすることで国際貢献をしたい(この分野でリードしたい)ということのようです。

この技術が標準かされたとしても端末やアクセスポイントが対応していないと使えないため、実際に利用できるようになるのは5〜6年先なのかな?

(via マイナビニュース)
(source 総務省)

タグ: ,
News >モバイル

Xiaomi、Android One搭載デバイスをインドネシアで発売?

もとのMi5XもROM書き替えでAndroid Oneになったりするのだろうか?

News >モバイル

自分を360度撮影できる? Insta360が8月28日に発表する新製品のティザーを公開

人混みの中では撮影できなさそう感はあるけど面白そう。

News >モバイル

ExpansysでZenFone 4、ZenFone 4 Pro Selfieの仮注文受付開始

日本での発表はいつ頃ですかね。

back to top