小物撮影用にバンクライトと三脚を購入してみた

2013.2.13 (更新日:2013.05.26)

PL ホームスタジオミニバンク HM-30 L18881

これまで机上での撮影には撮影ボックスと蛍光灯のデスクスタンドを使って行っていたのですが、物によっては非常に暗く写ってしまうこともあり、あとで加工したりといった手間がかかっていました。

なので、思い切って撮影用のライトを購入してみました。購入したのはLPL ホームスタジオミニバンク HM-30というやつです。専用の三脚とレフ版などがセットになったHL-30Pというのもあったのですが、8000円近く値段が上がってしまうため、今回はライトのみを購入。三脚は別手配です。

51z9qB0jdLL._AA1000_

ライト側にはこんな感じディフューザーが付きます。中は32Wの蛍光灯が1灯だけです。

三脚との接続用にネジが切ってあり、市販の三脚がそのままつきます。またフードなどはすべて折りたたんで収納できるのですが、蛍光灯だけは収納来ません……。ここはなんか考えて欲しかったなぁ。

King Fotopro

三脚のほうはKing Fotopro 軽量コンパクトアルミ三脚(4段) ブラック DIGI3400 というもの。なんと1241円という破格値です。

38cm~120cmまで伸縮可能で重さは570g。三脚としては非常に軽量です。その分シャフトが細く、剛性が不足している気がしなくもないです。コンパクトカメラやミラーレス一眼程度なら問題ないと思いますが、重い望遠レンズを使うには力不足な感じです。

King Fotopro

安いながらクイックシュー仕様になっています。クイックシューをライト側に付けっぱなしにできるのでこれは便利。

撮影BOX

そんなわけで撮影してみました。比較のためにまずは今まで通り、上のような方法で撮影したもの。

バンシー

やっぱり暗いですね。いつもはサークルライトを使ったり、撮影後に明るく加工したりしています。

バンクライト

続いてこんな状態での撮影。ライト側にディフューザーがついているので撮影ボックスの上と側面を開けています。

バンシー

なかなかいい感じではないでしょうか。

撮影ボックス

最後に比較のため、デスクスタンドで撮影ボックスの上と側面を外した状態で撮影

バンシー

明るくはなりますが、影がはっきり出てしまいますね。

わかりやすいように並べてみました。

やっぱりバンクライトが一番良い気がします。まぁ、環境を整えたところで撮影の腕がついて行かないのですけどね……。

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

1月27日発売のFREETEL RAIJIN(雷神)、Amazonで約3,000円安く予約受付中

FREETELの最新機種、RAIJIN(雷神)が1月27日(金)に発売となります。 大容量バッテリを搭載したFREETEL RAIJIN(雷神) 5.5インチの大画面にバッテリは5,000mAhという

FREETEL、299円の全プラン対応パックに3か月間データ容量が増量されるAmazonプライム会員限定プランを提供中 ただし価格は322円

最近、ドコモからの費用増に伴い、初期費用の値上げが行われているMVNO(格安SIM)ですが、そんな中でもダントツに安い初期費用299円で提供しているFREETELの全プラン対応パック。 その全プラン対

Google Play Service 10.2でAndroidのテザリングが便利になる「Instant Tethering」という新機能が追加

Android 7.1.1とGoogle Play Service 10.2で「Instant Tethering」という新しい機能が利用可能になるようです。 通常、Androidのテザリングではホス

米Amazon、Dush Buttonを押すたびに異なるお菓子の詰め合わせが届く「Prime Surprise Sweets」を提供中

オンライン版のDush Buttonをリリースした米Amazonですが、物理的なDash Button(ややこしい・・・)を使い、ボタンを押すたびに毎回異なるお菓子の詰め合わせが送付されてくる「Pri

GPD WINの保護シートや干渉防止ゴムの自作など、使いやすくするためにやったこと

最近ゲーム設定の話しか書いていない気がするGPD WINですが、もちろんゲーム以外でも活用していて外出時にはPC(Surface Pro 3)は持ち歩かずにGPD WINだけで済ませることが多くなって

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

米Amazon、定価が$869のGoogle Pixel XL 128GBモデルを$1,510で販売中

米Amazon、定価が$869のGoogle Pixel XL 128GBモデルを$1,510で販売中

米AmazonがGoogle Pixel XL 128GBに$1510.08という価格を付けて海外サイトで話題になっています。 昨年10月に発売となったGoogleのPixel/Pixel XL...

Google Play Service 10.2でAndroidのテザリングが便利になる「Instant Tethering」という新機能が追加

Google Play Service 10.2でAndroidのテザリングが便利になる「Instant Tethering」という新機能が追加

Android 7.1.1とGoogle Play Service 10.2で「Instant Tethering」という新しい機能が利用可能になるようです。 通常、Androidのテザリングで...

FREETEL、299円の全プラン対応パックに3か月間データ容量が増量されるAmazonプライム会員限定プランを提供中 ただし価格は322円

FREETEL、299円の全プラン対応パックに3か月間データ容量が増量されるAmazonプライム会員限定プランを提供中 ただし価格は322円

最近、ドコモからの費用増に伴い、初期費用の値上げが行われているMVNO(格安SIM)ですが、そんな中でもダントツに安い初期費用299円で提供しているFREETELの全プラン対応パック。 その全プ...

MENU

back to top