ローマ法王ベネディクト16世が2月28日に退任

2013.2.12

スクリーンショット_2013_02_12_5_57

広告

最近Twitterを始めたローマ法王(教皇とするのが正しいらしいです)ベネディクト16世(@Pontifex)が2月28日に法王を辞任するというニュースが昨晩飛び交っていました。

このニュースを聞いて驚いたのが、法王って辞任できるんだということ。映画とかドラマの影響なんでしょうけど、法王って世界中の死んでも口外できないような秘密を知り得る立場にあるので一度法王になったら終身制度、死ぬまで法王として職務をまっとうする……ってイメージがあったのですが、自発的にであれば退位は可能なようです(あくまでも自発的になのでリコールはできない)。それでも自発的な退位はここ600年以上なかったのだとか。

退位後はバチカン市国内の修道院で余生を過ごすということですが、やっぱり自由に行動できる身分にはなれないのでしょうね。

次の法王を決めるコンクラーベは3月中に開催されるとのことです。

タグ:

back to top