ビットのようなLED電球 NanoLight

2013.1.23

nanolight

広告

Kickstarterではこれまでもモバイル端末からコントロールできるものなどいくつかのLED電球が登録されていましたが、またひとつ、これまでありそうでなかったタイプのLED電球が登場しています。

NanoLightというLED電球ですが、見た目からして通常のLED電球とは違います(最初にみたときは、なんとなくエルメスのビットを連想してしまいました)。

通常のものが電球を模して(かどうかわかりませんが)あたかも白熱電球のフィラメントの代わりにLEDを内部に配置しているのに対して、NanoLightはLEDが多角形の表面に出ています。1つのLEDの明かりを拡散させるのではなく、全方向にLEDを配置してしまえという潔い思想がうかがえます。こういうの、嫌いじゃないです。

単に奇をてらっているだけではなく、性能面でも優秀なようです。NanoLightには75W電球の代替えとなる10Wタイプと100W代替えの12Wの2つがあるのですが(12Wはさらに明るさの違う2タイプあります)、例えば10Wタイプの明るさは1200lm。寿命は約30,000時間。上位の12Wタイプでは、1600lm/1800lmとなります。一方でパナソニックのLED電球EVERLEDSの60W相当タイプは11.2Wで810lm、寿命は40,000時間です。寿命こそ敵いませんが、明るさだけなら2倍近い性能です。

口金はE26/27とのことなので、日本でも問題なく使えそうです。1個あたり$30~$45というのは最近の価格からするとやや高いかな?という気がしなくもないですが、国際送料も無料とのことです。

残念ながら出荷が7月~9月と半年先なので気長に待つ必要はあります。支援は3月8日まで受け付けています。

(source Kickstarter)

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

ASUS、360度回転するヒンジを搭載したChromebook Flip 3機種を国内で発表

Chromebook、日本ではあまり盛り上がっていない気がしますが売れてるんですかね。

News >モバイル

Samsung、Gear S3 TUMI Special Editionを発表、価格は約5万円

ウォッチフェイスが好み。ちょっと欲しい。

back to top