ビットのようなLED電球 NanoLight

2013.1.23

nanolight

Kickstarterではこれまでもモバイル端末からコントロールできるものなどいくつかのLED電球が登録されていましたが、またひとつ、これまでありそうでなかったタイプのLED電球が登場しています。

NanoLightというLED電球ですが、見た目からして通常のLED電球とは違います(最初にみたときは、なんとなくエルメスのビットを連想してしまいました)。

通常のものが電球を模して(かどうかわかりませんが)あたかも白熱電球のフィラメントの代わりにLEDを内部に配置しているのに対して、NanoLightはLEDが多角形の表面に出ています。1つのLEDの明かりを拡散させるのではなく、全方向にLEDを配置してしまえという潔い思想がうかがえます。こういうの、嫌いじゃないです。

単に奇をてらっているだけではなく、性能面でも優秀なようです。NanoLightには75W電球の代替えとなる10Wタイプと100W代替えの12Wの2つがあるのですが(12Wはさらに明るさの違う2タイプあります)、例えば10Wタイプの明るさは1200lm。寿命は約30,000時間。上位の12Wタイプでは、1600lm/1800lmとなります。一方でパナソニックのLED電球EVERLEDSの60W相当タイプは11.2Wで810lm、寿命は40,000時間です。寿命こそ敵いませんが、明るさだけなら2倍近い性能です。

口金はE26/27とのことなので、日本でも問題なく使えそうです。1個あたり$30~$45というのは最近の価格からするとやや高いかな?という気がしなくもないですが、国際送料も無料とのことです。

残念ながら出荷が7月~9月と半年先なので気長に待つ必要はあります。支援は3月8日まで受け付けています。

(source Kickstarter)

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

motorolaの未発表モデル、moto X(2017)とされる画像がGoogle+で公開されています。 moto Xといえば、現行のmoto Zが発売されるまでのフラッグシップシリーズ。Fastbo

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited ab

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

米Amazon、Prime Exclusive Phonesにmoto G5 PlusとAlcatel A30を追加、広告表示の代わりに価格を割引

米Amazonがプライム会員向けにSIMフリー端末を販売するPrime Exclusive PhonesにMoto G5 PlusとAclatel A30を追加しました。現在Prime Exclusi

BIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションに音楽ストリーミングサービスAWAが追加

MVNO(格安SIM)のBIGLOBEが提供するエンタメフリーオプションに、音楽ストリーミングサービスAWAが追加されました。 AWA – 音楽ストリーミングサービス BIGLOBEが提供

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと20...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited...

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEIがMWCで発表したフラッグシップ、P10/P10 Plusに続き、廉価版となるP10 liteを発表しました(ただし、HUAWEIのサイト上では確認できず、画像やスペックはGSMAre...

MENU

back to top