話題になっていたので、いなばのタイカレーを食べてみた

2013.1.22 (更新日:2013.05.26)

2013-01-21 18.30.24

ネタフルでやけにプッシュされていたのとYahoo!でも取り上げられていたので、いなばのタイカレーを買ってみました。ローソン100で購入。1個105円。とりあえず一番マイルドだという「ツナとタイカレー(レッド)」と「チキンとタイカレー(イエロー)」を購入してみました。

2013-01-21 18.50.23

ツナとタイカレーの缶を開けたところ。このままだとカレーだかなんだかわからないですね。

2013-01-21 18.53.48

なので容器に移して温めてみました。結構サラサラになります。温めてもにおいはあまりきつくないですね。この辺りが日本のカレーとの違いかな?

2013-01-21 18.59.34

ご飯に乗せて早速食べてみました。マイルドだということだったのですが、結構辛いですね。ただ、「辛っ!」という辛さではなく、ピリ辛というかスパイシーというかそんな感じの辛さです。とりあえず子供さんはまだ食べれない辛さですね。

ツナもゴロゴロしたのが入っていて、100円とは思えない味わいがあります。タイカレーを食べたことがないのでタイカレーっぽいかと聞かれると困るのですが、美味しいのは間違いないです。

ただこの缶詰、「コストパフォーマンスがいい」と紹介されることが多いようですが、それについてはちょっと疑問。単純に1缶100円です。これと白いご飯だけで食事を済ませるなら確かにコストパフォーマンスはいいのかもしれませんが、食事の中の1品と考えると量も少ないし割高かな?という気がします。これはツナ缶とか他の缶詰にも言えることなんだけどね。単品で食べるのではなく、これを使ってカレー風味の野菜炒めを作るとか、そうめんと和えて見るとかするにはいいかもしれない。

単にちょっとだけカレーが食べたい、お弁当にカレーを持って行きたいということであれば、ちょい食べカレーひとくちカレーのほうが手軽な気がします。

いなば ツナとタイカレーレッド 125g×24個
いなば食品
売り上げランキング: 181
タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

motorolaの未発表モデル、moto X(2017)とされる画像がGoogle+で公開されています。 moto Xといえば、現行のmoto Zが発売されるまでのフラッグシップシリーズ。Fastbo

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited ab

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

米Amazon、Prime Exclusive Phonesにmoto G5 PlusとAlcatel A30を追加、広告表示の代わりに価格を割引

米Amazonがプライム会員向けにSIMフリー端末を販売するPrime Exclusive PhonesにMoto G5 PlusとAclatel A30を追加しました。現在Prime Exclusi

BIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションに音楽ストリーミングサービスAWAが追加

MVNO(格安SIM)のBIGLOBEが提供するエンタメフリーオプションに、音楽ストリーミングサービスAWAが追加されました。 AWA – 音楽ストリーミングサービス BIGLOBEが提供

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと20...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited...

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEIがMWCで発表したフラッグシップ、P10/P10 Plusに続き、廉価版となるP10 liteを発表しました(ただし、HUAWEIのサイト上では確認できず、画像やスペックはGSMAre...

MENU

back to top