Blogの記事で選択された文字列を把握できるWEBサービス Markerly

2013.1.9

markerly

広告

Markerlyという面白そうなサービスを見つけたのでこのブログにも追加してみました。

Markerly | Social Plugins for Publishers

これが何者かというとコピーペーストなどのためにテキストをハイライト(選択)させた場合に、どんな文字が選択されたのかというデータを蓄積・解析してくれるというサービス。そのついでに、テキストをハイライトした場合にSNSへの投稿ボタンが表示され、そのまま投稿できるようにすることもできます(SNSへの投稿ボタンを非常にするステルスモードもあるようですが、これはメールで依頼をしないとダメなようです)。

markerly3

サイトに追加するJavascriptはこんな感じでボタンを選ぶだけで出力されます。

[javascript]
<script type="text/javascript" src="http://markerly.com/toolbar/markerly-pub.js#pub_id=自分のID"></script>
<script type="text/javascript">var markerly_settings = {"copy_link_sharing":0,"image_sharing":0};</script>
[/javascript]

最終的なコードは上記のような感じです。

markerly2

文字を選択するとこんな感じで表示されるのでいろいろ弄ってみてください。文字のほか、画像へのマウスオーバーでも表示させることが可能です(このブログでは画像へは適用していません)。

markerly4

コードを設置後、Markerlyのサイトにアクセスすると、どんな文字がハイライトされたのか、コピーされたのかなどが確認できます。これを見る限り、単純にハイライトされたものだけをカウントしているわけではなさそうですが、それなりに注目されている部分は把握できそうです。

これを使うと何がどう役に立つのかは私自身手さぐりなのですが、しばらくは設置した状態で様子を見たいと思います。

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

Essential、今度はUX責任者が退職。1か月で3人の役員が退職したことに・・・

円満退職なのかもしれないけど、今後が不安になります。

Amazon、Summer Sale 第2弾を開催中、8月22日まで

購入時に割引になっているか要確認。

News >モバイル

Apple、iPod shuffleとiPod nanoの販売を終了。Touchのみ32/128GBモデルを継続

みんなスマートフォンで聴いてるし、仕方がないかなぁ。

back to top