Galaxy S IVにはSペンが採用されるという噂

2012.12.29

uk_GT-N7100RWDBTU_046_Front_gray

(写真はGalaxy Note II)

韓国のETNewsが業界筋からの情報としてSamsungの次期フラッグシップGalaxy S IVのスペックを掲載しています。

それによるとGalaxy S IVは5インチフルHD(1920 x 1080 441ppi)のAMOLEDを採用し、プロセッサはクアッドコアのEXYNOS 5440。厚みは9.2mm。EXYNOS 5440はビッグリトルという技術を使用しており、低消費電力のARM Cortex A7と高性のARM Cortex A15をワンチップに実装しています。これにより、電話やメールなどの単純作業をA7で行い、動画・ゲームなどをA15が担当するということが可能になり、高性能でありながら低消費電力というのを実現しているそうです。

また、Glaxy S IVでは従来のCペンではなく、Galaxy Noteで採用されている電磁誘導方式を用いたSペンが採用されるとのことです。

ここまで来るとGlaxy SとGalaxy Noteを統合しちゃえばいいんじゃないかと思うのですが、分けとくメリットがあるんですかねぇ?ちなみにGalaxy Note IIIは6.3インチになると言われています。

(source ETNews)

タグ: , , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

back to top