IDCが第3四半期のタブレット端末の市場調査結果を発表 Appleはシェアを急速に落としています

2012.11.6

idc

IDCが2012年第3四半期のタブレット端末に関する調査結果を発表しました。

それによると、Appleは出荷台数では前年同期を上回りましたが、市場シェアは10%近く落としています。本年第2四半期には65%近いシェアがあったことを考えると急落といっても良さそうです。

代わりに急速にシェアを伸ばしているのがSamsung、Amazon、ASUS。AmazonはもちろんKindle Fire、ASUSはNexus 7ですね。SamsungはGalaxy Tabだと思いますが、そんなに売れてるのかな?

シェアが急落しているとはいえ、Appleとその他のメーカでは出荷台数でもまだまだ大きな開きがありますし、発売されたばかりのiPad mini、第4世代iPadの売り上げ次第ではシェアが回復する可能性もありそうです。他のタブレットでは有力そうなのはNexus 10、Kindle Fire HD 8.9″ぐらいでしょうかね。

Vendor

3Q12出荷台数

3Q12市場シェア

3Q11出荷台数

3Q11市場シェア

3Q12/3Q11成長率

1. Apple

14.0

50.4%

11.1

59.7%

26.1%

2. Samsung

5.1

18.4%

1.2

6.5%

325.0%

3. Amazon.com

2.5

9.0%

NA

NA

NA

4. Asus

2.4

8.6%

0.7

3.8%

242.9%

5. Lenovo

0.4

1.4%

0.2

1.1%

100.0%

Others

3.3

12.2%

5.4

28.9%

-38.9%

All Vendors

27.8

100%

18.6

100%

49.5%

(via GSMArena)
(source IDC)

タグ: , , , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

Android Oでは保存されたネットワークに近づくとWiFiを自動でONにすることが可能

便利そうだけど、それほど使うこともないかな?

Galaxy S8+のレビューまとめ

S8+よりS8のほうが良かったかも。

Galaxy S8+で4K撮影のテスト。発熱で止まらず撮影可能、ただし10分間

使う場面もないと思うけど、世に出るのが数年早かったって感じですかね。

MENU

back to top